ダニエル・シルバについて

ダニエル・シルバの作品の多くは、周りの環境へ影響を与え変化させる、ひとつの集合体です。一見まとまりがないように思えるものも、見る人の視点と沈思熟考を通して、ひとつの作品が浮かび上がる、という、固定観念に捉われない新たなかたちの作品です。

 

「庭園のカケラ」を通してシルバが提案するのは、一般的な「境界線」を超越した作品です。何人もの人々の協力を得て、技術の力を借りて、自然との関わりから得られるデータポイントを活用して、特定の場所でしか描かれないインスタレーション作品を創り上げます。

 

シルバは、アートフェア東京2020のイタリア代表も務めます。ダニエル・シルバの作品についてより詳しく知りたい方は、こちらのウェブサイトへどうぞ:www.baertgallery.com/daniel-silva